シワを取る方法にはボトックスが効果的|切らずに済む

顔のシワを取る美容

注射

筋肉の働きをブロック

顔は自分の感情伝える重要な部分です。様々な表情をするたびに、顔の皮膚は様々な動きをします。口元やおでこ、目尻には、シワが生じます。しかしながら、年齢とともにシワは深く刻まれるようになり、場合によっては老けて見えるシワもあります。このシワを目立たないように美容整形するのが、ボトックス注射です。ボトックスは、シワの発生原因となる筋肉の縮みを起こさせないように筋肉の働きを「ブロック」する物質です。このボトックス注射を受ける時に、いくつかの工夫をすると、より美しいシワ取りができます。一つ目の工夫は、気になるシワが目立ち始めたら、早めにボトックス注射を受けることです。なぜなら、シワは出来始めると、徐々に深く刻まれるようになる性質があるからです。シワは、深くなればなるほど、それを直すのが難しくなります。これは一般的な病気の治療と同じで、早期発見・早期治療が重要です。工夫した方がよい二つ目のポイントは、注射を受けた後にアフターメンテナンスを受けることです。ボトックスは注射した後、徐々にその効果が薄れてきます。ある期間を過ぎると、シワを取る効果がほぼなくなるため、改めて注入する必要があるためです。これを知っておくと、効果が薄れてきたことを感じ始めたら、すぐに注入を受けるという工夫をすることができます。三つ目のポイントは、ボトックスでも消すことが難しいシワもあることを知っておくことです。その場合は、ほかの原理でシワを目立たなくする液体を注入します。どのタイプの注入液が適しているのかは、美容整形専門の医師が判断します。ボトックスでシワが少ししか消えない場合は、ほかのタイプを注入するという工夫ができます。

いくつもある特徴

シワ取りに効果があるボトックスには、複数の特徴があります。これを、ヒアルロン酸との比較を含めて説明します。ボトックスは、シワの原因となる筋肉の収縮を抑えることで、シワの発生を阻止します。そのため、生体内の細胞に直接働きかけるという特徴があります。そのため、過剰な量を注入すると副作用が発生するので、その量は専門知識のある美容整形の医師が行ないます。一方でヒアルロン酸は、水分子を大量に引きつける分子で、それを注入することでその部分が水で膨れることを利用してシワを延ばします。ボトックスとは作用機序が大きく異なっています。注入する深さにも特徴があります。私たちの皮膚は表面から順に、表皮、真皮、皮下組織、筋肉となっています。ボトックスは筋肉に作用するため、深いところに注入するという特徴があります。一方でヒアルロン酸は、水で体積を増やす作用があるのでシワに近いところである真皮に注入します。ボトックス治療が得意とするシワにも種類があります。筋肉の働きを抑えるのがボトックスなので、顔の筋肉を動かすときに生じるシワである「表情シワ」に効果があるという特徴があります。逆に、常に見えているシワである「固定シワ」の美容治療にはヒアルロン酸が有効です。ボトックスは幅広い美容効果を持つ物質でもあります。もっともよく知られているのはシワ取り効果ですが、これ以外にもあります。顔の顎やエラの部分の小顔効果や、脚の太ももやふくらはぎの痩せ身美容などです。これも、ボトックスの特徴の一つです。